切手のいろは

切手のいろは

切手買取りと価値について

日本国内の切手の価値は額面を下回るケースが多く在ります。
そのため、収集している切手を売りたい場合には早めに専門店を利用して売却することが最適ですが、額面を下回ると言っても昭和の初期の通貨は円だけではなく、一銭や一里と言ったものであり、これらの額面を下回る事は現代においてはあり得ません。
尚、切手ブームは1960年代から1970代の後半から1980年代にかけてであり、現在ではこの時代のようなブームは在りませんが、今でも収集をしている人もいますし、趣味の一つとしてこれから収集を始めようと言う人もいる事からも需要というものが存在しています。
また、国内の切手は海外で生活をする人にとってデザインが優れているなどの理由からも外国などでは人気が高まっており、専門の買取り店では1枚ずつ丁寧に査定を行って価値を見出してくれます。
特に、ブームが起きた1960年代前半より前のものは、状態などに応じて高値で取引されるケースも珍しくありませんし、単片ではなくシート単位のものを所有している場合などでは、高価買取りも可能になるケースも少なく在りません。
そのため、財産としての価値を持つものも多数存在している事になります。

切手の額面について

切手にはシートから切り離された単片と、20枚や100枚などの切手が収められているシートが在ります。
また、シートには小型シートとよばれるものもあり、それぞれ価値が存在しています。
切手にはそれぞれ郵便料金を示す額面が記載されているのですが、額面は郵便料金の改正などに応じて時代と伴に変化をしています。
例えば、ハガキの郵便料金は現在では52円であり、封書においては82円になります。
これは消費税が5%から8%になった際に、50円から52円に、80円から82円に値上げが行われた事で額面に変化が起きているわけです。
50円や80円の前と言うのは42円や72円と言った額面となりますし、これよりも前の時代では10円、15円、20円、30円と言った具合に、郵便料金の改正に伴い、記載されている額面が変化しています。
尚、額面は変化していても、52円のハガキを出すためには52円分の額面を持つものを貼り付ける以外にも、20円が2枚、1円が2枚貼り付けても郵便料金として認められるので、ポストに投函すれば配達をして貰う事が出来ます。
しかし、古い時代の額面と言うのは1銭や1里と言ったものであり、現代の通貨として利用する事が出来ませんが、切手の価値としては高く、買取り専門店などに査定を依頼する事で額面の数百倍から数万倍もの値段が付くことも在ります。

pickup

20万円代からの家族葬、自宅葬等、ご要望に添ったプランをご用意しております。

奈良 葬儀

東京23区の土地情報が満載!

売土地 東京

地域に特化したスタッフが責任を持ってご案内します。

垂水 賃貸

業界トップクラスの高価買い取り!!最強買取宣言致します!

福島でiPhoneを修理するなら

人の成長を、地域の未来を、真摯な家づくりで育みます。

新潟 注文住宅

大人気のiPhoneケースから最新のAndroidスマホケースのオリジナルカバー作成やOEM製作は実績5000社以上の弊社におまかせください。

スマホケースの作成なら

丹誠込めて作った安心野菜を通販でお届けします。

有機野菜 宅配

2016/6/10 更新